歯ぎしり
 ● HOME
 ● ブラキシズムとは
 ● 歯軋り(歯ぎしり)
 ● 食いしばり
 ● 治療方法
 ● 顎関節症
 ● 知覚過敏
 ● 頭痛・首肩こり
 ● 歯周病の悪化
 ● ページ一覧
 ● 医院案内
アイコン 顎関節症

 顎関節症は文字通り顎の関節に障害が現れる疾患です。主な症状は、「口が開かない」または「開けにくい」や 口をあけるとき「口がまっすぐ開かない」「下顎が曲がってしまう」顎のズレなどの顎を動かした時の障害がみられます。

顎関節症で口がまっすぐに開かす、左にずれて開くいる様子。
 
 最も顎に負担をかけるものとして、歯ぎしり食いしばりなどのブラキシズムによる影響が考えられます。歯ぎしりや食いしばりは、無意識のうちに顎の筋肉を異常に緊張させます。その結果、強い力が常に加わるため負担がかかり、歯はすり減り抜ける可能性や噛み合わせも変化することもあります。また、筋肉や関節にも傷害がおこります。

 また、噛むとき、開けるときに「カクカク、シャリシャリと音がする」関節雑音(クリック音)などのほか、 咀嚼筋(噛むための筋肉)の筋痛や押すと痛む圧痛が30〜40%にみられます。 また、時としてこめかみ(コメカミ)から頭の後(後頭部)ろにかけて頭痛を伴うこともあり注意が必要です。


 この疾患の特徴として圧倒的に女性に多くみられ、顎が小さいと顎関節症になりやすい傾向にあります。関節自体がが小さかったり、顎が小さいために歯並びが乱れているなどの際には条件により発症し、多くが20〜30代の比較的近年の小顎、小顔女性にみられることから骨格的な原因も考えられますが、歯ぎしり食いしばりに関しては男女比に差はなく男性でも発症します。
 

顎関節症の治療





サイト内のコンテンツ転用はお断りいたします。

歯軋り・歯ぎしりによる歯の破壊と顎関節症
広川歯科医院白宝デンタルクリニック



(C)2003 Hirokawa Dental Clinic All Rights Reserved.