歯ぎしり
 ● HOME
 ● ブラキシズムとは
 ● 歯軋り(歯ぎしり)
 ● 食いしばり
 ● 治療方法
 ● 顎関節症
 ● 知覚過敏
 ● 頭痛・首肩こり
 ● 歯周病の悪化
 ● ページ一覧
 ● 医院案内
 子供の歯軋り(歯ぎしり)

 「子供が睡眠中にギリギリと歯軋りをする」または「何かを噛んでいるような動きをする」このようなときはどうしても気になると思います。歯軋りをするメカニズムはまだ不明が多いですが、幼児期における子供の歯軋りはごく自然な現象で特別珍しくはありません。

 子供の顎は後から生える歯のスペースを確保するため日々成長をしています。乳歯が抜けた後は約15才程度まで歯が入れ替えで生え、この時期は歯がゆい感じがあり、ギリギリと食いしばって不快感を紛らわしていると考えられています。その他としては大人同様ストレスを感じて無意識に食いしばりをしていると考えられます。

 また「歯が磨り減って心配」「顎関節症が心配」と考えている人も多いと思います。こどもの歯は永久歯が生えてくるまでの仮の歯で、丈夫に出来ていません。磨り減るのは普通で問題はないでしょう。顎に対する影響も、子どもは噛み締める力が弱く組織は柔軟性があり、成人のように悪影響は出ません。

 ただし、例外もあり、子供の歯軋りに詳しいノースカロライナのホーデン博士の研究によると、耳が痛くなったり、顎関節症の症状が現れることがあり、主に朝方に見られることがあるという分析結果が出ています。このような症状が出たときには治療の出来る歯科医院で防止用のマウスピースを使用するように提言しています。

 これらを踏まえると、子供にとって歯軋りはよくあることであり珍しいものではありません。痛みがない歯軋りは抑える必要はないでしょう。また、マウスピースを作成する場合には子供の成長に合わせて頻繁に作り変える必要があります。



原因■ 紹介記事







歯軋り・歯ぎしりによる歯の破壊と顎関節症
広川歯科医院白宝デンタルクリニック



(C)2003 Hirokawa Dental Clinic All Rights Reserved.